前へ
次へ

容積率が決められる基準を知っておく

土地には建ぺい率と容積率が決められていて、建ぺい率によってその土地にどれくらいの広さの建物が建てられるかが決まります。
容積率は敷地面積に対してどれくらい延べ面積を持たせられるかの基準で、これにより何階建ての建物が建てられるかが決まってきます。
建ぺい率が高くない土地だと敷地に対して建物の面積はあまり取れなくなります。
でも容積率が十分あれば上階を設定することで延べ面積を広げることができます。
敷地が狭い所でも延べ面積を広げれば多くの家族が住めたり、ビルであれば多くの人が働けるようになるかもしれません。
容積率は無限でもよさそうですが、容積率が大きくなればその分建物の階数が増え利用する人の数も増えます。
すると周辺に多くの人が往来することになり、周辺環境に影響を与えるかもしれません。
そこで問題が無い程度の容積率が決められて設定されています。
建ぺい率も容積率も適当に決められているわけではないので知っておくと良いでしょう。

Page Top