前へ
次へ

オフィスと住宅では原状回復の意味が異なる

オフィスや飲食店としてお店を借りるとき、最初はスケルトンと言われる状態で何もありません。
電気の線や空調設備などがむき出しになっていてとても業務を行える状態ではないでしょう。
そこから業務が行えるように工事を行って業務を開始しますがもちろんその工事は利用する側が負担をします。
更に借りていた部屋を利用しなくなったので引き渡すときは原状回復をしなければいけません。
基本的には借りた時と同じようにスケルトンの状態にしますが、まれにそのままの状態でもいい時があります。
スケルトンにする費用は原状回復費になり、かなりの費用がかかるときもあるでしょう。
では住宅ではどうかですが、オフィスなどと違って入居時にある程度住める状態になっているので工事などは不要です。
退去時に原状回復が必要ですが、オフィスのように入居時と全く同じようにすることは求められません。
経年劣化部分は原状とみなされるので、普通に使っていれば原状回復は発生しないと言えるでしょう。

Page Top