前へ
次へ

礼金に対する意味合いが薄れている

買い物をするとお店の人からありがとうございました等お礼を言われることがあるでしょう。
お店にとっては売上は非常に重要なことなので、買ってもらえることへの感謝として言ってくれるのかもしれません。
一方客側もいい商品を販売してくれてありがとうとお礼を言うときがあります。
どちらも言葉でお礼をする程度です。
サービスを受けるときにも利用させてもらうお礼を言うことはあり、賃貸物件を利用するときに大家さんや不動産業者にありがとうと言うことはあります。
ただ賃貸では慣例として礼金を払うことがあり、一定の金額が必要になるときがあります。
1箇月の賃料位のこともありかなりのお礼代に感じることもあるでしょう。
今のように賃貸物件がそれなりにあるときは借りる人が物件を選びますが、戦後間もないころは賃貸物件も少なくなかなか利用するのが難しい時もありました。
その時に全く見ず知らずの人と賃貸契約を結んでくれるのは非常にありがたいことだったので、そのお礼として払っていたようです。
今は時代が変わり礼金の意味があまりないと言えるでしょう。

Page Top