前へ
次へ

建築基準法では何が定められているか

建築基準法と言われる法律があり、一般的な住宅だけでなくマンションやオフィスビルなどの高層建物を建てるときにもその法律に準拠して建てる必要があります。
法律なので時代の要請により改正がされ、これから建物を建てる時には最新の基準を満たす必要があります。
一方過去に建てられた建物はその当時の法律に準拠していれば法律違反にはなりません。
建築基準法は色々なことが決められていますが、大きく分けると2つのポイントがありそうです。
まずはどんな建物を建てないといけないかの基準で、地震に対する耐震性能などはこちらに該当するでしょう。
基本的には日本で建物を建てる時にはこの基準を満たす必要があります。
もう一つは都市部に建物を建てるときの特別な基準です。
都市部にもいくつかの特徴があるのでそれぞれで異なってきますが、都市部でない所には適用されません。
住宅が密集しているようなところは防火地域などに指定され、その地域では一定の基準で建物を建てる必要があります。
指定されていない所ではその基準は気にせず建てられます。

Page Top