前へ
次へ

契約書に原状回復を借主が負担すると書いているとき

不動産を借りる契約をするときは必ず契約書でやり取りをします。
契約は口頭でも成立するのが法律上の見解ですが、不動産取引は非常に複雑なので口頭ではとてもやり取りはできないでしょう。
素人が理解しづらい文面もあるので必ず書類にしてもらい、不明点はきちんと教えてもらった上でサインをしましょう。
契約書を提示されてそれにサインをすれば、契約書に書かれた内容に同意したとされます。
契約書に書かれていることを履行しないと法律上の違反となり訴えられるときもあるので注意が必要です。
ただ何でも契約書に書いていいわけではなく、国がガイドラインを示している内容などはそちらが優先されるときもあります。
良くトラブルになるのは契約書に原状回復は借主が負担すると書いてあるときでしょう。
経年劣化の畳や壁の傷みは借主に原状回復義務はないとガイドラインにあり、契約書に書かれていても負担は必要ありません。
ただ実際にそれを通そうとすると裁判などが必要になることもあるので、契約時に確認しておくほうが良いでしょう。

Page Top