前へ
次へ

建売住宅と売建住宅の違いを知っておく

これから新築の戸建て住宅を購入するとき、選択肢として建売か注文住宅かしかないと考えるかもしれません。
実はもう一つ選択肢がありそれが売建住宅です。
建売の部分の漢字を逆にしただけなのでややこしいですが、通常は建築条件付き土地として販売されることが多いかもしれません。
建売住宅は土地と建物を一緒に買い、買おうとしているときには既にどちらも決まっています。
建物の内装などの変更はできません。
注文住宅は土地を別途用意してそれとは別契約で建物を建てていきます。
こちらは一から建物の注文ができるので、自分の好みの住宅を建てたいときに選ぶと良いでしょう。
売建はまずは更地を購入します。
しかしこの更地で建てる建物の業者が決まっていて、その業者と契約をして建てるのを前提にしないと土地は買えません。
一応建物は多少希望を聞いてもらえますが、注文住宅のように一から注文できるわけではなくある程度業者が提案をした内容で建てていく必要があります。

Page Top