前へ
次へ

不動産の登記はなかなかに面倒です

不動産の登記というのは必ず行わなければならないのかと言うとそうではなかったりします。
法律的な義務ということではないのですが登記をしておくということによって所有権を主張することができるようになります。
登記第一主義といえるやり方をしているのが日本の不動産に関する権利関係ということになりますから、これはしっかりと実行するようにしましょう。
自分でやっちゃうってもあるのですが基本的には法律関係の資格を持っている人に委託してしまうということが一般的です。
司法書士などになるでしょう。
ちなみに行政書士にお願いする事もできるのですが、あくまで受付が行政書士ということであり、そこからさらに司法書士などにお願いするという形になるのであまり意味があるやり方ではないです。
ですが、とにかく自分でやろうとすることよりは遥かに早いですし、安心できることになります。
不動産屋などから購入したり、売却した場合は代行してやってくれることでしょう。

Page Top